販売店を選ぶ

まずは販売店をチェック

衝動買いには失敗がつきものである。これはよく言われることだが、車の購入の際にももちろん当てはまることだ。 

例えば、たまたま中古車店で見かけた車が気に入って、何としてでも買いたくなったという場合は要注意だ。この時点であなたは冷静さを欠き、悪くすると足下を見られ、不利な買い物になってしまいがち。

そんな事態を防ぐためには、車をチェックするのと同じくらい、中古車販売店を厳しい目で観察することが大事となる。目的の車を展示しているショップの雰囲気や従業員の様子をしっかりと見るようにしよう。

車がきれいなことは当然であるが、従業員の動きに活気があるかどうかもポイントになってくる。何度か足を運び会話を交わすようになれば、良心的な店かどうかもわかってくることだろう。

長い目で見ると、自分と相性のいい担当者や店から車を買う方が、快適な「車生活」ができるものである。昔に比べると車の故障率は低くなってきた。しかし、だからといってトラブルフリーというわけにはいかない。そのような時、販売店と良好な関系があるというのは何とも心強いものである。

また、本心ではどれほどその車が欲しくても「売れてしまったら、それでもいい」という程度に、自分の気持ちを抑えていた方が間違いないだろう。実際に、同種の車は他にもたくさんあるものである。逆に、ショップの人と仲良くなり、「こんな車が入ったら欲しい」と声をかけておくのもいい方法である。

この場合、販売店側から見れば売れる確率の高い車ということになる。そこで、オークションなどでやや高値で仕入れても、店内での展示中のコストが少なくて済むため、積極的に動いてくれるものだ。ユーザーは、思った以上に早く、希望に近い車を入手できる可能性がある。

もちろん、そのような場合でも、本当に気に入らなければ買う必要はない。ただし、できるだけ欲しい車の詳細を伝えておいた方がいいだろう。

車に詳しい人と下見や交渉をする

質のいい中古車を見分けるには、1つには価格で判断する方法がある。これは全ての車に当てはまるわけでは無いのだが、値段が高い車は、それだけの理由があるものである。

しかし、車を見る確かな目を持っている方がいいのはもちろんだ。そこで、中古車を調べに行く時は、車に詳しい人に同行してもらうことをお勧めする。

この時、注意したいのは、間違った知識を頭に詰め込んだ「自称、車ツウ」の人。このような人を同伴すると、逆にミスリードされてしまうこともある。特に、車に詳しいと言っても、新車の知識は中古車購入には役に立たたないものだ。中古車を何台か乗り換えた人が理想である。

適当な人が身近にいないときは、神経質で何ごとにも細かい人、心配性の人がお勧め。逆に、物事にこだわらない鷹揚な人は、あまり役立ってくれないだろう。

また、車には詳しくなくても、買い物上手な賢い主婦も頼りになるものだ。特に値引き交渉では力になってくれるはずだ。

プライスボードで情報収集

中古車の情報を最も正確に、間違いなく得るには、中古車のフロントガラスに掲げられた「プライスボード」をよく読むことだ。プライスボードは、自動車公正取引協議会(公取協)の中古車規約に則って表示されたもので、信頼度の高い内容となっている。逆に、プライスボードを使っていない中古車販売店は避けた方が賢明だろう。

プライスボードの具体的な内容として、次の項目が記入されている。

・現金販売価格
税金など諸費用を含めない車両本体の現金価格。

・初年度登録年月(軽自動車は初めて検査された年月)

・車検有効期限。

・走行距離
走行距離計の示している数字。疑問のある場合は「?」の表記が必要になる。

・前オーナーの点検整備記録簿の有無
展示時点から過去2年以内に定期点検整備が行なわれ、その記録がある場合にだけ「有」と表記。

・修復歴の有無・車体の骨格部分を修正したり交換した場合は「有」と表記。

・使用歴
自家用か、それとも営業車やレンタカーなどで使われたのかなど。

・保証の有無
メーカーの保証を継続するための定期点検簿他が販売価格に含まれていることや、販売店自身の保証などの有無。保証は「保証期間」か「保証距離」かを表記。また、保証内容は工賃や部品代など、全てが保証される場合のみ「完全保証」と表記。

・定期点検整備実施状況
定期点検整備(※)を行なってから販売するときは「定期点検整備あり」、納車までに行なう場合は「定期点検納車時」と表記。
※6ヶ月点検整備に匹敵する内容の整備。

・整備費用についての表示
(9)の場合の費用が販売価格に含まれているかどうかの表記。

Favorite

食べログ
http://tabelog.com/

2014/10/24 更新