車のモデルチェンジ

モデルチェンジの時期を狙う

日本車は、基本的に2年に1度マイナーチェンジ(小変更)があり、4年でフルモデルチェンジ(新型車)がある。新車を買う場合、この時期を利用して売買交渉するのは常識となっている。モデルチェンジ直前の車を買う場合、すぐに型落ち車になるが、値引きに強気になれるからである。

中古車でも、この手法を逆転して使うことができる。中古車では、新車のモデルチェンジがあった直後に売買交渉を始めます。さらに1世代型落ちしたことを理由に、値引き幅のアップを求めるのだ。

元々が中古車なので、ニューモデルが出たとしても、型落ちの影響はさほど気にならないはずだ。それよりも値引き額が大きくなった方がはるかに得というわけである。少しでも新しいモデルに乗りたいという人には向かないが、中身を重視するユーザーなら試してみる価値のある方法だろう。

最新モデルの車に乗り換えたら、今乗っている車は廃車処理業者にお願いして引き取ってもらいましょう。廃車の手続きは何かと大変なので、信頼できる業者さんにお願いしましょう。

pickup

Last update:2014/10/24