中古車を選ぶ際の注意

おとり広告に騙されないように

中古車情報誌などを見て気に入った車が見つかり、早速見に行ったところ、展示車がなかった。こんな経験をした人は結構少なくないのではないだろうか。実際に少しの差で売れてしまうことも中にはあるだろう。
そう言う場合だったら仕方がないと思えるのですが、中には写真が掲載された車が実在しない場合がある。これが昔から行なわれてきた手法で、俗に言う「おとり広告」である。

悪質な中古車販売店が、誰もが欲しがるような程度のいい人気車種の写真を雑誌に掲載し、できるだけ多くの客を呼び込もうという手法である。通常、価格も相場より若干安く設定されていることが多い。そこで店に来た客には「他にもいい車があります」というセールストークを展開し、別の車を売りつけようとするのだ。要は販売のきっかけ作りが「おとり広告」なのだ。

こういった販売店にひっかからないためには、情報誌を見て興味を持った車があったとき、出かける前に電話で確認してみよう。その時点で車が無いと言われた場合には疑ってかかることだ。中古車の購入に「早い者勝ち」という言葉は当てはまらないのだ。

メーターの改ざんを見抜く

一時、中古車の走行距離メーターの改ざんが問題になった。走行距離数は中古車価格にストレートに影響する。当然、走行距離が少なければ価格が上がる。特に5〜6万kmを境に業界では過走行車とされ、マイナス要因とされる。1〜2万km、メーターを戻すだけで、かなり印象が違う車になる。

一般の人がメーターの改ざんを見破ることができるかと言えば、それは困難だ。しかし、100%では無いが、メーター改ざんを心配せずに中古車を購入する方法がある。

それは、店がオートオークションで仕入れた車を買うことである。オートオークションでは「走行管理システム」が採用され、一度オークションに出品された車は、車体番号と走行距離が管理システムでデータ化される。

現在は業者だけが調べることが可能だが、コンピュータで車体番号から走行距離を知ることもできる。車の走行距離メーターの数字が、データよりも少ない場合は、改ざんされていることになる。

しかし、オートオークションに出品されていない車はデータがないため、メーターの改ざんは行なわれていてもわからない。そのうえ、データのない車を探してメーターを戻して販売している悪徳業者もいるようだ。

もう1つ、オーナーが自分の車を高く売るために、自らメーターを改ざんし、買取専門店に持ち込む場合もあるそうだ。これも「走行管理システム」にかからないため、見破ることはほぼ困難である。

こういった現状から考えると、信頼できる販売店から車を買うこと、オートオークションから仕入れたかどうかを聞くことなどが、ユーザーのできることになる。最も信頼できるのは、オイル交換や定期点検をきちんと行ない、記録が残っている車です。節目毎の走行距離がはっきりわかり安心できる。

最終更新日:2017/3/30