あなたにあった車を

車選びの基本

中古車には、中古車ならではの利点や、魅力がある。逆に、むしろポルシェなどのブランドカーにおいては新車を購入した方が得な場合もある。立体駐車場の綿半なら、大きな乗用車でも問題がないというように。次のようなポイントを頭に入れて判断しよう。

中古車のメリットが高い場合

不人気車や、同一車種でも人気のない色の車は、中古車になると値落ち率が高いため割安感がアップする。ジャンル別では人気低迷が続いているセダン、さらに新車価格が高いモデルも同様である。

新車購入の方が得をする場合

中古車になっても値落ち率の小さい車種が該当する。代表的なのは軽自動車で、常に需要が高いため、相対的に中古車市場では割高感がある。また、誰にも乗りやすいコンパクトカーや、人気が続いているミニバンも、中途半端な中古車を購入するくらいなら新車の方がお勧め。

中古車を買うということ

中古車を選ぶ際、価格が安く程度のいい中古車を買いたいと思うのは当然の考えだと思う。しかし、残念なことに中古車に掘り出し物は無いと思って間違い無いだろう。それは一体何故なのだろうか?

その理由の1つには、中古車の仕入れのほとんどがオートオークションで行なわれるようになり、情報が共有化されるようになったことが挙げられる。

オートオークションでは、車が競りにかけられる前に状態が細かく点数化される。程度のいい車は点が高くつき、高額で競り落とされ、それに見合った価格で販売される。程度は良くて価格も安いという中古車はなく、例えば、前使用者のカーナビが付いていたりしていても、型落ち品だったりと安い車にはそれなりの理由があるということとなっている。

新古車とは何か?

ディーラーには、通常、取り扱っている車それぞれの販売目標が設定されている。これは営業を奮起させるためにも必要だ。しかし、当然ノルマを達成できない場合も出てくるもの。

このようなとき、記録上でノルマを達成したように見せるため、自社で登録(購入)することがある。これが「未使用の中古車」、俗に新古車と呼ばれる車である。仮に、あと1台販売すればディーラーに報奨金が出るというような場合、自社で登録した方が得というわけである。他にショールームで展示した車、さらに何らかの事情で傷がつき、新車として販売できなくなった車なども含まれる。

これら新古車はレンタカーとして利用されたり、販売されたりする。販売の場合「新古車」という表示で売ることはできない。一度登録してしまえば新車ではなくなるため、あくまでも「中古車」扱いになるのだり。つまり未使用の中古車ということだ。

気になる価格は、当然ですが新車の人気が高いモデルは割引率が少なく、人気薄の車の新古車は買得感が高くなる。一般的には新車価格の15%ほど安くなると考えておくといいだろう。

新古車を買う

未使用の新車、新古車は、ディーラーで展示販売されることが多くなる。また、中古車販売店のなかには、ディーラーから新古車を買い取って販売しているところもある。しかし、流通量が少ないため、チャンスがなければ見つけることもできない。

欲しい車種があり、どうしても新古車が欲しい場合は、頻繁にディーラーでチェックしておくか、営業担当者に新古車が出たときに連絡してもらうように相談しておくことが大切。

新古車で注意したいのは、新古車になった事情だ。販売ノルマを達成できずに自社で登録したものであれば問題は無い。しかし、傷が理由の場合や、なかには水害で冠水したようなものもある。これらは十分な説明を受け、納得してから購入することが大切。

また、保証やアフターサービスをきちんと確認しておくようにしよう。新車と全く同じとはいかなくても、ディーラーによっては同等の保証を付けてくれる場合もある。肝心なのは価格だが、新車価格200万円のものなら170万円前後、150万円なら127万円程度が目安となっている。

新しい車を買って、今乗ってる車が不要になったら、廃車処理業者にお願いしましょう。状態がいい場合、廃車も下取りしてもらえるかもしれません!!

直感を大切にしよう

コンピュータ全盛時代に突入した今日では、数値で測ることのできないコンピュータ以上の人間の能力も各方面で注目されている。物作りの現場では、熟練した技術者の感覚に頼らなければ満足な物が造れないことも珍しくない。

中古車を見るときにも、人間の持っている独特の勘を働かせることで、車の不具合、特にサスペンションのヘタリなどを判断することができる。

天気のいい日に、平坦な場所に車を停め、少し離れたところから観察しよう。真正面、側面、真後ろ、斜め前方や後方などからじっくりと見る。さらに遠くから、近くから、ゆったりと見ていこう。そのとき、「何となくおかしい」と感じるような車は、サスペンションにトラブルを抱えていることが多いものだ。

例えば、右のフロントサスペンションが左に比べて数ミリ下がっているだけで、不自然さがわかる。実際に測定してみて、たった2、3ミリの差を感じ取れる感覚に、自分でも驚くはずだ。

check

医療用ウィッグの販売をしています。

医療用ウィッグ 販売

iPhone(アイフォン)修理なら、大阪・梅田・難波・天王寺・泉佐野・天六・神戸三宮に店舗を構え、送料無料で全国対応も可能なiPhone修理専門店キャッスルへ。iPhone4・4S・5・5s・5cのガラス割れ・液晶交換など、格安で対応いたします。店舗持ち込みなら、最短30分で修理可能です。

ipadの修理なら(大阪)

気になる北欧家具を通販で購入できます。

北欧家具を通販で準備